練馬区での新築一戸建てにおける登記

東京都練馬区で新築一戸建てを現金で一括支払いができる人はほとんどいないと言え、住宅ローンを組んで購入をすることになるのが一般的です。住宅ローンを組むということはその返済が出来ない場合には、住宅ローンを組む際には抵当権を設定することになりますので、必ず登記をするように住宅ローンでお金を貸してくれた金融機関などから言われることになります。この登記により、その土地や新築一戸建ての物件の所有者が誰なのか、さらに万が一の際において権利が誰に移るのかつまり抵当権による所有者が移る可能性があることを示した書類になります。この登記の書類は法務局が発行をする公的な証明書類であり、そこに記載されることで万が一後日トラブルになることを避けるという意味合いも含んでいます。練馬区を始めとして東京などの都市圏での新築一戸建てでは、現金で購入ができる場合であってもその土地や新築一戸建ての所有者の権利などの情報を証明するために、登記をしておく方が後日トラブルのもとにならないと考えられることから、一般的には法務局での手続きを行うことになります。この際に、住宅販売業者や施工業者からは司法書士に代行を依頼するという話が必ず振られますので、司法書士への依頼料20万円から30万円程度は支払えるように準備をしておくことが大切になります。練馬区での最寄りの法務局での申請になりますが、書類としてどれだけのものをそろえるのかについては委任してしまえば大抵のものは司法書士が揃えてくれますので、任せてしまっても問題は特にありません。この申請は土地の購入と新築物件が完成した後に行うことになりますので、最後の処理ということになります。この後は物件の引き渡しになり居住を開始ということになります。法務局などでの申請も自分たちでしようとしたりするケースがありますが、申請には専門の知識などが必要であり、この申請は専門家である司法書士に任せてしまった方が無難です。素人が確認や知識がないままに処理をすると後日境界線のトラブルなどになりやすいために、専門家に依頼することが望ましいとされます。後日、この法務局での申請が受理され処理が終わった後には、念のために現在事項証明書の土地と建物との両方を取り寄せるようにしたほうが良いと言えますが、そのあたりは司法書士側もよく知っているため、何も言わなくても渡してくれるところもあれば、渡してくれないところもあります。