練馬区の特徴と不動産の売買について

練馬区は東京23区の一つで、人口は約72万人と言われています。練馬区には東武東上線、西武池袋線、西武新宿線などの路線があり、池袋や新宿へのアクセスを高めています。尚、東武東上線の練馬区の人が利用できる駅は、隣接する板橋区の中にある駅なのですが、東部東上線沿線は練馬区に近い事からも、東武東上線沿線は練馬区に住む人も利用できる路線として多くの人が通勤や通学などで利用をしています。池袋や新宿へのアクセスが良い事からも、東京の中に有る都心部へのベッドタウンとして多くの人が生活を行っているわけです。また、石神井公園、都立大泉中央公園、光が丘公園などの大きな公園が区内に有りますので、緑の多い区でもあり、生活の中に自然を取り入れる事が出来るエリアも多く有るのが特徴なのです。生活の中に緑などの自然が豊富にあるエリアと言うのは人々の癒しにもなりますので、人気が高いエリアになっています。また、東京の中でも新宿や池袋と言った場所に1本の路線を利用して出向くことが出来る事からも、交通のアクセスが良く、利便性が高い事からも人気が有るのです。他のエリアから住まいを探す人も居ますし、マンションを購入した人が一戸建て住宅を探すと言うケースも有ります。不動産売買を行う場合は、高く売り、安く購入する事が理想となります。売買物件は不動産会社などが仲介を行っており、会社に希望を伝えておくことで希望に合う物件を探してくれます。因みに仲介と言うのは、借主と貸主、もしくは購入者と売主の間に入り、契約を交わす事を意味しているのですが、仲介を行う事で仲介手数料と言う費用が別途必要になります。仲介手数料は、賃貸の場合ですと家賃の1か月分が上限と定められており、敷金や礼金、保証金、前家賃などを合わせて仲介手数料を支払う事になります。一方、売買物件の場合は販売価格の3%に6万円を加算し、更に消費税が加算される形になりますので、賃貸物件と比較をすると仲介手数料は高額になるのが特徴なのです。尚、この仲介手数料は賃貸の場合であれば、物件を貸す側と借りる側の両者が支払う必要が有りますし、売買物件の場合も売主と買主の両者が支払う必要が有るのが特徴です。尚、練馬区で不動産を購入したい場合は、最初にどのエリアに住むのかを決める事が大切です。先ほど説明を行ったように、この区には3つほどの路線が利用できるようになっていますので、路線や駅などを決める事でどのエリアに住むのかを決める事が出来るのです。後は、どのような物件を探したいのかを整理して、こだわり条件を設定した上で不動産会社に依頼をすることが大切なのです。