練馬区の特徴と不動産会社の仲介について

練馬区には生活に欠かせない電車の路線が有ります。その路線と言うのは、西武池袋線を初め、西武新宿線と東武東上線の3路線です。練馬区の中心を縦断するように走るのが西武池袋線で、江古田駅から大泉学園駅までの区間が区内の路線となります。一方、西武新宿線と言うのは、石神井駅と武蔵関駅間を走行する路線で、駅としては2駅が区内にあります。尚、東武東上線については駅は区内にはありませんが、東部練馬駅、下赤塚駅、成増駅などが区内に住んでいる人が利用出来る駅になっています。西武池袋線の大泉学園駅から池袋駅までは、通勤準急を利用する事で約19分、西武新宿線の武蔵関駅と西武新宿駅までは、準急を利用する事で約19分と何れも20分弱で都心部へと移動が可能になっています。尚、東武東上線の成増駅から池袋駅までは急行を利用する事で約13分となっており、何れの路線も交通のアクセスが良い環境にある駅と言えます。練馬区には光が丘公園、都立大泉中央公園、県立城北中央公園、石神井公園などの大きな公園施設が在るのが特徴です。尚、都立大泉中央公園は、隣接する和光市にある和光樹林公園と道路を挟んで隣接している公園で、県立城北中央公園は板橋区との境にある公園で、2つの区にまたがっている公園になります。公園施設と言うのは、路線と同様に生活の中に緑を取り入れることが出来ると言ったメリットが在ります。休みの日などの散歩に利用をしたり、ランニングなどを楽しむ時にも便利な存在といえるのです。練馬区には数多くの住宅地があり、住みやすさなどからも移住して来る人も多いものです。練馬区での不動産物件探しをする時などは、不動産会社の情報サイトを利用すると便利です。大家さんなどが不動産会社に仲介を依頼し、借主を探している物件が掲載されています。尚、不動産会社が仲介を行う物件というもののは、仲介手数料が必要になります。この手数料は家賃の1か月分が上限と決められているもので、家賃が10万円の場合は、10万円を上限とした手数料を入居前に支払う事になるのです。また、賃貸の部屋を借りる時には、敷金と呼ばれる退去時のクリーニングや修繕などに利用する費用と、大家さんに部屋を貸して貰うお礼として支払う礼金、そして1か月分などの前家賃を支払う事になります。尚、最近はこれらの費用がゼロになる物件もあり、入居時にかかる初期費用を節約できると言ったメリットを持つ賃貸物件も有るのです。