練馬区の特徴と不動産相続について

練馬区は東京23区の1つですが、周囲には和光市、新座市、東久留米市、西東京市、武蔵野市と言った東京の都市が隣接している行政区になっています。また、これらの都市の中には緑が有る公園施設が多くあるのが特徴となっており、生活の中に自然が豊富に存在していると言う特徴も有るのです。練馬区においても、光が丘公園や都立大泉中央公園、石神井公園、都立常北中央公園などの比較敷地面積が広い公園施設が豊富に在りますので、生活の中に自然美を持つエリアを多く含んでいる事になり、住みやすさや居心地の良さなどを持つエリアになっているのです。また、公園施設だけではなく幼稚園や小中学校、高校などの教育施設も充実しているのも特徴なのです。公園施設や教育施設が充実していると言う事は、子育てをし易い環境でもあり、人気の高いエリアになっているのです。更に、公園や学校などの施設と言うのは、災害が起きた時の避難場所として利用されるものであり、自宅の周りにこれらの施設が充実している環境が練馬区にはあるのです。所で、身内などが亡くなり、身内が所有をしていた不動産が有る場合は、相続人全員で誰が相続を行うのかを相談をして決める必要が有ります。仮に、遺言があれば遺言書が最優先されることになりますが、遺言書が無い場合には話し合いが必要になります。相続者すべてで話し合いを行う事を遺産分割協議と呼ぶのです。遺産分割協議は同じ場所に集まる必要性はありませんし、同時に話し合いを行う必要もなく、相続人全員が話し合いを行う事が重要とされるのだと言います。尚、遺産分割協議が成立する事で遺産分割協議書と呼ばれる書類を作成して、全員が署名および実印を押す必要が有ります。また、遺産分割協議書は特別なフォーマットは無く、全ての人で協議を行った事を記す事と、家や土地などについての登記事項証明書を記す事が重要とされているのです。尚、この書類を作成した上で登記に必要な書類を集めることになります。必要書類と言うのは、亡くなった人の戸籍謄本、住民票の除票、遺産分割協議書に実印を押していますので印鑑証明書および住民票が必要になります。不動産の固定資産評価証明書、不動産の全部事項証明書、そして遺産分割協議書、登記申請書となります。登記申請書は不動産の名義書き換えを行う申請書類で法務局で入手する事が出来ます。尚、これらの書類が準備出来たら、今度は法務局での申請手続きを行えば良いと言う事になるのです。